口臭予防は日頃のケアが大事[歯医者からもアドバイスをもらおう]
ロゴ

歯医者から正しい歯磨きを教えてもらおう![口臭予防のポイント]

口臭予防は日頃のケアが大事[歯医者からもアドバイスをもらおう]

診察台

口臭を誰しも気にするもの

口臭を気にしないという方はいないと思います。口臭の強さにもレベルがあり、とても臭うときと全然臭わないときがあります。臭いが強い時はどういう時かと言いますと、口の中の唾液が少ない時です。起床時や空腹時は唾液が少ない場合が多いので、臭いも強くなりがちです。なおこのような時の口臭は市販されているブレスケアの商品などで弱めることができます。もし自身の口臭が気になるのであれば、錦糸町の歯医者へ臭いのレベルを測ってもらいましょう。歯医者には口臭の強さを正確に測るための専用の装置が置いていますので、気軽に検査をすることができます。

口臭の原因

口臭には大きく分けて生理的口臭と病的口臭があります。生理的口臭は自然に発生する口臭のほか、食べ物やアルコール、喫煙などで発生する臭いのことを指します。一般的に知られているのがにんにくを摂取することによって発生する臭いでしょう。またアルコールを摂取したことによる臭いもにんにくの臭いに負けず強い臭いです。これらの臭いは牛乳を飲むことで改善される場合が多いです。病的口臭は口や胃腸などに関する病気によって発生する臭いのことを指します。口に関する病気で挙げられるのは虫歯や歯周病が挙げられます。また胃腸に関する病気は胃炎が代表的なケースです。また口や胃腸の病気以外にも糖尿病や肝臓病などでも口臭が発生する場合があります。

虫歯や歯周病予防は口臭予防に繋がる

上記に挙げた口臭の中で一番口臭が発生しやすいのが、虫歯と歯周病と言われています。慢性的な口臭のほとんどの原因が虫歯や歯周病のため、これらを予防することによって口臭が発生するのを防ぐことができます。虫歯になると歯に穴が空いてしまいます。虫歯となった部分に食べかすが溜まっていくと虫歯菌が大量に繁殖してしまい、口臭が発生してしまいます。虫歯の予防で基本となるのが毎日の歯磨きです。特に就寝前は歯磨きを忘れないようにしてください。睡眠中は唾液の量が減ってしまうので、虫歯菌が繁殖しやすくなります。寝る前に歯磨きをすることによって、口の中が清潔になるので睡眠中に唾液の量が減っても虫歯菌は繁殖しずらくなります。なお歯磨きだけでは歯の間に詰まった食べかすやプラークを取り除くのが困難です。歯間に詰まった食べかすやプラークを取り除くためには、デンタルフロスが一番よいでしょう。デンタルフロスをあまり使用したことがないかたは歯医者さんに指導を受けると良いと思います。またフッ素も虫歯の予防にとても効果的です。緑茶にフッ素が含まれていますので日頃から飲んでおきましょう。

歯を正しく磨く方法を知りたい

歯は毎日磨いているけども、その磨き方が正しいかどうか不安に感じている方はいらっしゃいますでしょうか。正しい方法で歯を磨かないと効果が薄れてしまいます。下記に正しい歯磨きの仕方をまとめましたので参考にしてください。

正しい歯磨きの仕方

毛先をあてて磨く

まずきちんと歯ブラシの毛先を歯に当てましょう。そして適度な力加減で磨きます。力を入れすぎてしまうと毛先が広がってしまいうまくプラークを除去することができません。毛の束が曲がらずまっすぐな状態を目安にするとよいでしょう。

小刻みに動かす

歯磨きをする際は大きく動かして磨きがちです。歯は平坦ではなく凹凸にできています。そのため、小刻みに動かすようにして磨かないと磨き残しが出てしまいます。歯の裏側や歯の間は特に注意して細かく動かすようにしましょう。

歯一つずつ入念に

1、2回歯ブラシを動かしてもプラークを完全に除去できません。そのため歯1本1本丁寧に10回以上は歯ブラシを動かして磨くようにしましょう。時間をかけてゆっくりと歯磨きをすることで、プラークを完全に除去することができると思います。

広告募集中